早稲田吹奏楽団第78回定期演奏会は終演いたしました。
多くのお客様にご来場いただき、ありがとうございました!
ここでは、演奏会終演後も本演奏会をお楽しみいただくため、
以下のコンテンツをご用意いたしましたので、ぜひご覧ください。
アンコール曲目紹介
プレ/休憩中コンサート曲目紹介
団長よりお礼の挨拶

本日のアンコール曲紹介

1曲目:星の船 / 西邑由記子
ピアニストでもある作曲家、西邑氏が作曲した知る人ぞ知る名曲です。
七夕の夜、彦星と織姫が互いに逢いに行くために乗る「星の船」。二人の逢瀬は、一年に一度しかないにも関わらず、雨の日には天の川の水が溢れかえり阻まれてしまいます。美しくも切ない本曲は、そのように離れ離れになってしまっている恋人たちの悲哀を描いています。
コントラバスの優しいピッチカートに導かれて始まり、クラリネットの温かな響きが全編を通してホールを包み込みます。主題となる楽想は一つだけで、その儚い楽想を各楽器が受け渡し、一つの美しい音楽の流れを作り出します。広壮な金管群の音色は彦星を、流麗な木管群の音色は織姫の姿を思い起こさせたのではないでしょうか。

2曲目:Merry-Go-Round / P.スパーク
本演奏会4曲目でも取り上げましたスパーク氏が、2001年に作曲したとびきり明るい曲です。
華々しいファンファーレに幕をあけ、メインテーマがトランペットからサックスへと受け継がれます。リズムカルなメインテーマとは対照的なセカンドテーマが、ホルン、トロンボーンによって奏でられると、再びメインテーマがクラリネットから低音群へ明け渡され奏されます。耳に残るキャッチーなメロディーを、それぞれの楽器が代わる代わる演奏する様はまさにメリーゴーランド!
皆様に楽しく、愉快な演奏会のフィナーレとして記憶していただけていれば幸いです。
以上、アンコール2曲と演奏会本編7曲の全9曲をお届けいたしました!
(演奏会本編7曲の曲目紹介はプログラムもしくは、「こちら」から)

本日のプレコンサート/休憩中のコンサート曲紹介

クラリネット8重奏
リベルタンゴ / A.ピアソラ(かとうまさゆき)

金管8重奏
楽市楽座 -さくらの抄(しょう)- / 田村修平

スネアドラム4重奏
Eight in the Black / 浜口大弥

団長よりお礼の挨拶

早稲田吹奏楽団第78回定期演奏会にご来場いただき、ありがとうございました。

この文章を読んでいるのは、当団と本当に長いお付き合いをしてくださっている方から今日がファーストコンタクトだった方まで、本当に多種多様な方々だと思います。
しかし、この演奏会があらゆる視点の全ての方々にとって満足のいくものであったならば幸いです。

また、第78回定期演奏会の終演と共に、40周年という早稲田吹奏楽団にとって節目の年が、終わりました。
しかし、当団はこれから先も続いていきます。
どうぞ今後も早稲田吹奏楽団をよろしくお願い致します。

重ね重ねになってしまいますが、本日ご来場いただいたこと、心より御礼申し上げます。

早稲田吹奏楽団 40期 団長
髙橋光輝

 

最後までご覧いただきありがとうございました!
次回第79回定期演奏会は2018年6月30日(土)に、板橋区立文化会館にて行われます!
ぜひ、お越しください。
本日はご来場いただき、まことにありがとうございました!